原という男  WBC優勝に寄せて

2009.03.24 Tuesday 16:47
0
    韓国との第4戦、主砲村田がヒットを打った後、裏太ももを痛めて怪我をしてしまった。原はベンチでそれを見た瞬間、まだ医師の診断も出ていない段階で栗原召集を決めた。村田のアクシデントが起きてわずか4分後だ。それから7分後、つまり村田のアクシデントが起きてから11分後には、広島の松田オーナーに現地のスタッフから連絡が入り、その後直ぐに栗原の下に打診があり、栗原は快諾した。栗原起用は彼が落選した当日、コーチの篠塚相手にその日の最後まで練習していた姿勢を評価しての事だった。原はアメリカに旅立つ前にわざわざジャイアンツの2軍の若手選手を集めて、栗原のこうした姿勢を見習えと檄を飛ばしたという。村田はチームとの帯同を希望したが、原は「一刻も早く怪我を治してグラウンドに戻って来い。気持ちは受け取ったから」と伝え、横浜球団に謝罪の電話を入れ現場スタッフに村田が最も早く帰れるように手筈を整えさせた。

    もしも優勝を逃していたら原は全責任を負う事になっていた。マスコミから総バッシングを受けたのは間違いない。正直言えば北京惨敗後の代表監督なんて貧乏くじ以外の何物でもない。しかしそれを野球人としての最高の誇りだといって引き受けてまず最初にした事は「原ジャパン」という風にチームが呼ばれる事を避けるために、関係者にチームの愛称を決めさせた。代表チームは日本のものであり監督のものではない、という原の信念だ。コーチの人選は原が全て決めたが、選手選考は各コーチからの推薦、そして前代表チームのキャプテン宮本に北京でのチーム状態を詳細に聞き、それらを参考にして選抜した。スコアラーには腹心の西山らジャイアンツスコアラー陣を中心にして世界中から入念にデータを取り続けそれを高代や伊東コーチらに解析させる。そして何故かグアムだった(まぁ深くは突っ込まない)代表合宿地を日本に変えさせたのも原の希望だった。

    毎年オフになると食事を共にしているイチローには、その食事会の席でチームリーダーを任せると明言した。打てなくて悩んでいるイチローを最後まで使い続け、そして最後の最後で最高の形で結果が出た。第2ラウンド開始前の練習で原とイチローが二人して球拾いしている姿を見て、感じるものがあったのは私だけではなかろう。城島が退場となったあの一件の後、原は審判に謝罪に行き、更に城島へのフォローも忘れなかった。

    原は決して名将ではない。そして名監督とも呼ばれない。世間の評価もそうだ。采配は常に批判の対象になり、常にバッシングを受ける。これは現役時代から変わらない。今日の試合後のインタビューでも「監督が上手ければもっと点が取れていた」と自分の采配の非を認めていた。世間から名将との誉れ高いあるベテラン監督からは、その采配を時に「バカじゃなかろうか、ルンバ♪」などと揶揄されWBC期間中も批判され続けていた。その作戦がコーチの発案であっても原は余程の事がない限り全て自分の責任として背負い込んだ。「原じゃダメだ、経験が無いし、ワンチャンみたいなカリスマ性がないからな、やっぱり適任は星野君じゃないか」そして監督が決まったあとも「原君だけじゃ心もとない。ワンチャンに助けてもらわなくちゃダメだ」と、最後の最後まで自分のチームのオーナーにこうしてバカにされ蔑まれていた。

    今回こうした結果が出ても尚、世間からもそして自軍のオーナーからも原の采配を称える声が出ることは殆どないだろう。ジャイアンツの監督5年間で3度のリーグ優勝、1度の日本一、そしてWBCではキューバに2連勝、韓国に3勝、アメリカにも勝ったという代表監督としてのこの燦然たる実績は殆ど評価される事はなく、もしも今年ジャイアンツが優勝を逃せば、親会社の新聞社の意向以降により原は監督を解任され、星野がその後釜に座る事が決まっていると漏れ聞く。

    現役時代からONの後継者を独りで担う事を期待され、監督としても同じ役割を期待され、そしてそれなりの結果を残しても評価はされない。野球人として死ぬまで付き纏うであろう、こうしたイメージを自分の意思に関わらず背負い込みながら、原辰徳という男は生きていくより他ないのだ。それが代表チーム名に自分の名前が付く事を嫌った男の運命であり宿命なのだ。
    category:野球 | by:ガイチcomments(1)trackbacks(2)

    スポンサーサイト

    2019.07.18 Thursday 16:47
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment
      ?有?人的?。抓住流行,??最快。








         
      Trackback
      このページでは、機械的な前日の絞込みと“当日の10秒チェック”だけで今までの馬券理論の何倍もの利益を長くにわたってあげ続けることが可能になるある秘密を全て公開しています。開催日当日には、朝からパドックに張り付いて馬体チェックから、イレコミの有無、歩様
      • ちやうやんしい
      • 2009/03/24 7:54 PM
      まづはWBC代表選手とその関係者さん達、お疲れ様でした☆m(_ _)m勇気と元気をもらった様な気がします*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(´∀`)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* 流石に特集報道は飽きてきましたけれどね(;^ω^)そんな中、WBCの事を調べていたら、とてもいいお話
      • ぶらり、散歩写真
      • 2009/03/26 11:38 PM
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      Search Now
      Notice
      BUY NOW
      AMAZON NOW
      リンクシェア
      リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 日曜日の競馬から
        LesGack
      • フラワーカップ 見解
        EllLawn
      • カンヌからの手紙
        Randobevy
      • 日曜日の競馬から
        StepMob
      • 【再掲】今更ながらホワイト騎手の降着について考える
        Randobevy
      • 静かな木曜日
        Kelnism
      • かしわ記念 見解
        Rebundest
      • 週末に少しだけ必要な2,3の事柄 その2
        LesGack
      • カンヌからの手紙
        EllLawn
      • ランカスターの辿った道  バイオレント・サタデー レビュー
        Stevselo
      Recent trackback
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM